timeline

ファンをつくり、信用を高める。商品ブランディング

ファンをつくり、信用を高める。商品ブランディング

商品ブランディングは、プロダクトブランディングとも呼ばれており、特定の商品やサービスの価値を高めるために行うマーケティング活動です。ブランド展開や商品の販売においては、まず市場のニーズをリサーチした上で、商品やブランドの立ち位置を決め、特定のイメージをユーザーに持ってもらえるようにマーケティングを展開します。その中で、商品の価値を多くのユーザーが共感し、ブランドに対する信頼を高めることを目標とするのが、商品ブランディングなのです。

また、商品ブランディングとよく似たブランディング作業には、コーポレートブランディング(企業ブランディング)や、提供するものが製品ではなくサービスである場合に適用されるサービスブランディングなどがあります。どれも、提供するモノや母体の価値を高めるブランディング作業という点では共通しています。しかし具体的に何をブランディングするかが異なりますし、具体的なマーケティング作業も違います。そのため、商品ブランディングは、商品を製造販売しているメーカーなど、製造業が対象となるブランディング戦略だと言えるでしょう。

商品ブランディングを行うことは、どんなメリットがあるのでしょうか。

ブランディングのメリット

商品ブランディングのメリットその1

1つ目のメリットは、他の商品の価値も高められるという点が挙げられます。商品ブランディングを行う事でブラン力が高まり、そのブランド力が他の製品や商品にも付加価値を与えることができます。特定の商品の価値が上がるだけでなく、他の商品の価値も連鎖的に引き上げることが可能です。

商品ブランディングのメリットその2

2つ目のメリットは、口コミで人気が広がる可能性が期待できるという点です。ユーザーが納得できる商品を購入すると、SNSを含めた口コミで人気が広がり、購入してくれるユーザーが多くなり、売上にも直接的に好影響が出ます。

商品ブランディングのメリットその3

3つ目のメリットは、ユーザーのファンを作れるという点です。商品ブランディングを行うことにって利用者からの信頼が高まり、「この商品なら大丈夫」「このブランドなら信頼できる」という信用を得ることができます。その結果、競合他社から似たような製品が出ている場合でも、「このブランドなら間違いない」とユーザーのファンが同じ製品をリピート購入してくれることも期待できるでしょう。

また商品ブランディングには、いくつかの方法があります。1つの方法だけでも功を奏する場合はあるものの、複数の手法を平行して行うことによって、相乗効果が期待できることは多いものです。具体的にどんな方法があるのでしょうか。

ブランディングの方法

■方法その1

1つ目の方法は、提供する商品やサービスに対する直接的な商品ブランディング作業があります。これは、市場を分析した上でユーザーが何を欲しているのかを理解した上で、そのニーズに合ったブランディングを行うというものです。既に完成している製品だけでなく、使っている原料や材料、そして製造プロセスなども含め、製品の強みや魅力を最大限にアピールします。その際には、ブランドのコンセプトや価格設定についても、市場のニーズに合っているかを判断しなければいけません。

販売する商品によっては、高品質で低価格なものが高評価されることは多いですが、ブランドコンセプトによっては必ずしも低価格が高評価されるわけではありません。他社との差別化を図りながら、市場において自社の製品がどの立ち位置にいることを目的とするのかによって、適切な商品ブランディングが必要です。

■方法その2

2つ目の方法は、ブランドを象徴するシンボル的な存在となるロゴを使った商品ブランディングです。ロゴは、Webサイトや広告など幅広い媒体で紹介されるもので、ユーザーに対して視覚的にブランドをアピールすることができます。ロゴと言っても、ブランド全体のロゴなのか、それとも商品やラインごとのロゴなのか、いくつかの種類があります。文字を入れることによってユーザーに商品名を直接知ってもらえるという点で、大きなマーケティング効果が期待できます。

■方法その3

3つ目の方法は、パッケージ開発です。パッケージはロゴと同じように、ユーザーへ視覚的に訴求できるマーケティング方法で、商品ブランディングとしても大きな効果が期待できます。パッケージ開発においては、シンプルながらも商品の魅力や独自性をアピールできることが必要不可欠で、ターゲット層から高く評価されたり共感されるようなデザインでなければいけません。しかし、独自性が強すぎてユーザーが引いてしまうようなインパクトがあり過ぎるものは、逆にマイナスの効果となってしまうリスクがあるので、注意したいものです。

■最後に

その他にも、商品ブランディングによる戦略には、商品の特徴を簡潔に言葉で表現するキャッチコピーの開発や、マーケティング展開をすることによって認知度や親和性を高めると言った広告開発などもあります。それぞれの商品ブランディングではコストがかかりますし、一朝一夕で結果を実感できるとも限りません。どの方法でブランディングすることが最も効果的なのかという点を検討した上で、効率的かつ効果的な商品ブランディングを行いましょう。

あめとつち株式会社は、ブランディングデザインによる企業成長のサポートをしている会社です。
デザインからマーケティングまで幅広い観点から課題解決を行っておりますので、お困りごとがある際にはぜひ私たちにご相談ください。

関連記事一覧

最新記事