timeline

長期的な広告効果が期待できるコンテンツ開発

長期的な効果が期待できる。コンテンツ開発とは

ブランド開発においては、近年Web開発がとても重要な役割を果たしています。特にその中でも、大きな広告宣伝効果を持つコンテンツ開発も、決して忘れてはいけません。このコンテンツ開発にはいくつかの種類がありますが、その中でも特定のWebサイトの制作をすることによって新規顧客を獲得したり、企業やブランド、商品の紹介をしたりするような優良コンテンツはブランディング観点からみても、重要度が高く、いかにユーザーから興味を持ってもらえるかを考えた様々な工夫が必要になります。

また最近では、クリエイターを活用してSNSで発信するようなコンテンツ開発なども人気があり、大きな宣伝効果を得ています。このようにどんな媒体で、どんなコンテンツを、どのようにマーケティングするか、によって、どんなユーザー層から注目されるかは大きく異なります。そのためコンテンツ開発においては、やみくもに手あたり次第の媒体で開発作業を進めるのではなく、ブランドのコンセプトやターゲット層をきちんと絞り込んだ上で、特定のターゲット層に対して、最も効果的かつ、効率的にアピールできる方法でコンテンツ開発をするのが得策といえます。

コンテンツ開発はマーケティングから

コンテンツ開発は、コンテンツマーケティングの一環として行うことができます。ブランド開発においては、ロゴやパッケージなど、「ビジュアル面に訴求するVI開発」が注目されやすいのですが、文字でユーザーへアピールするコンテンツは、ネット利用を中心とする多くのユーザーに対して大きな効果が期待できます。特に、Webサイトを利用して新規顧客を獲得したり、お問い合わせや会員登録してもらいたいと考えている企業にとっては、Web媒体を活用したコンテンツ開発は、宣伝効果としても大きな役割を担うことになります。

このようなコンテンツ開発においては、「Contents is King」という言葉があります。これは、Webを使ったマーケティングにおいては、「コンテンツの内容や品質がとても重要だ」ということを示しています。品質の高いコンテンツは、多くのユーザーが興味関心を持ってくれますし、リピート訪問して定期的に情報を収集する場所として活躍してくれます。それに、品質の高いコンテンツなら、企業やブランドに対する社会の信用度も上がりますし、SNSで拡散してくれる可能性も期待できるでしょう。どんなに費用をかけてコンテンツ開発をしても、質がイマイチなコンテンツでは、残念ながら期待するほどの費用対効果を得ることはできません。

コンテンツ開発の目的を明確に

コンテンツ開発においては、まず最初に社内環境を客観的に分析した上で、コンテンツ開発の目的を明確にすることから始めましょう。例えば、コンテンツ開発の目的に関して具体的なアイデアがあるのか、またコンテンツ開発を実現するノウハウやスキルが社内に構築されているのかどうか、開発後のコンテンツをマーケティングしたりPRするための体制は社内に整っているのかなど、具体的にどんな手段でコンテンツ開発を行うかを決める要素はたくさんあります。もしもすべてのプロセスを社内でカバーできるなら、コンテンツ開発は社内のプロジェクトとして対応することが可能です。しかし、社内にノウハウやスキルがない場合には、コンテンツ開発を専門に行う会社などもたくさんありますので、依頼するという方法も検討しておく必要があります。このように開発前からも様々な選択肢を事前に考慮しておくことをおすすめします。

また、コンテンツ開発を外部に依頼する場合のコツとして、どこまでを社内で対応し、どこから外注するのか、という線引きを決めておかなければいけません。コンテンツ開発の目的や訴求したい内容がすでにあり、コンテンツに取り入れたいアイデアも社内で上がっているなら、社内でブランドプロデューサーなどを決め、コンテンツの企画や原稿をつくり、実際の制作業務の部分だけを制作会社などへ出すという方法でも良いでしょう。しかし、どこから始めたら良いか分からないという場合や、どんな風にコンテンツ開発をするのが効果的なのかということであれば、専門家の意見も聞きながら進めると良いでしょう。その場合には、コンサル業務と制作業務のどちらも手掛ける会社へと依頼するのが最もおすすめです。

まとめ

コンテンツ開発において、最も重要なことは、コンテンツの内容です。このコンテンツの内容に関しては、プログラミングやWebデザインなどのスキルやノウハウは全く必要なく、パソコンで文章を打ち込むスキルがあれば、誰にでも作業することは可能です。またこのようなコンテンツ作成に関しては、企業やブランド、そして商品を深く理解している社内スタッフが担当することをおすすめします。外注する場合には、実際に作業を行う外部のスタッフに対しても、企業やブランドのコンセプトから理解してもらい、コンテンツを読むユーザーから高い共感を得られるような文章作成をする必要があります。

また、このようなコンテンツ開発による効果は、短期的な効果より、長期的な効果が大きくなるためマーケティング戦略も必要です。ひとたびWebコンテンツを公開すれば、国境は関係なく、全世界へとブランドの宣伝ができてしまいますのでコンテンツの質には気をつけましょう。例えばテレビのCMや雑誌を使った広告などは、一時的に大きな効果はあっても、瞬時に見れる範囲が全世界というわけではありません。一部の限られたエリアで暮らす人にしか、ブランドや商品のPRはできないのです。しかしWebやSNSを使ったコンテンツ開発なら、住んでいるエリアも関係なく閲覧できますし、公開する期間なども限定する必要はなく、長期間マーケティング効果を維持することも可能です。さらに、SEOなどと並行した対策を行えば、コンテンツの質や量によって、検索エンジンからも高く評価されやすくなり、ユーザーがキーワード検索した時には、上位ページへの表示も可能となりますので、長期的な広告効果としても期待できることになります。

あめとつち株式会社は、ブランディングデザインによる企業成長のサポートをしている会社です。
デザインからマーケティングまで幅広い観点から課題解決を行っておりますので、お困りごとがある際にはぜひ私たちにご相談ください。

関連記事一覧

最新記事