timeline

ブランディングという言葉の意味と使い方とは

企業や店舗の経営者のなかには、自社のブランディングをどのように行ったらよいのかがわからず悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
自社の魅力を顧客に伝えるためには、ブランディングが非常に重要です。

そこで本記事では、ブランディングという言葉の意味や正しい使い方を解説します。
自社の商品やサービスの魅力を伝えたいとお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

ブランディングという言葉の意味

ブランディングとは、独自の価値を生み出すことです。
ブランド(brand)を現在進行形にした単語で、自分ならではのブランドを確立させて広めるための戦略を意味する言葉として使われています。

企業でたとえると、自社の商品やサービスの価値を生み出して、その魅力を顧客に伝えることを指します。

ブランディングという言葉の正しい使い方

ブランディングという言葉には、主に2つの使い方があります。

ブランディングを使った例文

  • 自社の魅力を最大限に伝えるブランディングを行うことが大切だ
  • 効果的なブランディングとは何かを考えよう

上記のように、ブランディングに「行う」などの単語をつけて動詞として用いる使い方や、ブランディングを名詞として用いる使い方があります。
名詞として使う場合は、商品ブランディングなどと単語同士を組み合わせて使うことも多いです。

ブランディングとマーケティングの違い

ブランディングと近い使い方をされる言葉に、マーケティングがあります。

ブランディングは独自の価値を生み出すことですが、マーケティングとは商品やサービスが売れるサイクルを作るための活動のことです。
具体的にマーケティングの場合は、いま市場でどの商品が売れているのか、何のサービスが求められているのかなどを調べる市場調査や、宣伝・営業活動を指します。

ブランディングとマーケティングは、独自の価値を生み出すのか、もしくは商品やサービスが売れるような戦略を立てるのかという点で違いがあります。
しかし、ブランディングは自社の商品やサービスの魅力を伝えるための活動なので、自社の売上を伸ばすための戦略を考えるマーケティング活動の一環ともいえるでしょう。

こちらの記事では、ブランディングの基本である概要や目的を解説しておりますので、あわせてご覧ください。
ブランディングの基本とは?概要や目的をわかりやすく解説

効果的なブランディングの手順

商品やサービスの魅力を伝えるためには、効果的なブランディングを行うことが重要です。
ここからは、ブランディングの正しい進め方を手順に従って紹介します。

手順①商品やサービスの魅力やターゲットを明確にする

ブランディングを行う際は、まず初めに商品やサービスの魅力を明確にしましょう。
ほかの企業にはない、自社の商品やサービスならではの強みがあれば、顧客に対して効果的なアピールをすることが可能です。

また、誰に購入してもらいたいのかというターゲットを定めることも大切です。
ターゲットを明確にしたうえで、ターゲットに合わせた戦略を立てることが、ブランディングの成功につながります。

手順②商品やサービスの提供価値を設定する

ブランディングを行うにあたり、自社の商品やサービスの提供価値を設定することも重要です。
提供価値とは、顧客が商品やサービスを購入することによって得られるメリットのことです。
ほかの企業では感じられないようなメリットを与えることで、ブランドの価値が上がり、より多くの顧客が集まるでしょう。

手順③商品やサービスを発信する媒体を決める

提供価値を設定したあとは、商品やサービスをどの媒体で発信するのかを決めます。
TVや雑誌に広告を出稿する方法、またTwitter・FacebookといったSNSを活用する方法などさまざまですが、ターゲットに効果的に広められる方法を考えて選ぶことが重要です。
ターゲットによって適切な媒体も異なるので、慎重に検討しましょう。

ブランディングで用いられるフレームワークの使い方

ブランディングにおいてターゲットを決める際は、フレームワークを行うことが重要です。
フレームワークとは、分析や戦略立案時に応用できる考え方のことです。
ここからは、ブランディングでよく用いられる3つのフレームワークと使い方を紹介します。

フレームワーク①3C分析

3C分析とは顧客(Customer)・自社(Company)・競合(Competitor)の分析のことです。
3C分析を行うことで、ターゲットのニーズや競合の状況を把握し、自社の商品やサービスを売るための戦略を考えることができます。

フレームワーク②PEST分析

PEST分析とは、政治(Politics)・経済(Economy)・社会(Society)・技術(Technology)の要因から世間の流れや自社に与える影響を分析することです。

PEST分析を行うことで、時代に合った商品やサービスを考えたり、今後起こりうるリスクに備えたりすることができます。

フレームワーク③SWOT分析

SWOT分析とは、強み(Strength)・弱み(Weakness)・機会(Opportunity)・脅威(Threat)の要因から、自社の特徴や社会動向を分析することです。

自社の商品やサービスの強み・弱みといった内部の環境と、機会や脅威といった政治・社会動向などの外部の環境を分析することで、より効果的なブランディングを行えるでしょう。

ブランディングを上手に行うとどんな効果が出る?

ブランディングを上手に行うと、商品やサービスの人気が高まり売上が上がるだけではなく、新規顧客や継続的に購入してくれる顧客の獲得も期待できます。
ほかの企業にはない自社独自の特別感を出せれば、価格競争に巻き込まれるリスクも少ないでしょう。

また、商品やサービスの認知度が上がれば企業にもよいイメージがつきます。
顧客によいイメージを持ってもらえることにくわえて、就職活動を行う方にもこの企業に就職したいと思ってもらえる可能性が高くなるでしょう。
その結果、人材採用においても優秀な人材の確保につながるという効果が期待できます。

ブランディングの効果的な使い方とは自社の魅力や価値を明確にすること

いかがでしたでしょうか?

自社の商品やサービスの魅力を顧客に伝えるためには、まず自社の強みやターゲットを明確にすることが重要です。
また、ほかの企業では得られないメリットを顧客に与えて、ブランドの価値を上げるような戦略を考えましょう。
分析や戦略の立案ができたら、商品やサービスを発信する媒体を決めて発信します。

このような手順でブランディングを行えば、商品やサービスの売上の向上や顧客の獲得が期待できます。

あめとつち株式会社は、企業のブランディングの企画やデザインを行っている会社です。
効果的なブランディングを行いたいとお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

>ロゴ開発費用・関連サービスはこちら

関連記事一覧

最新記事