timeline

生存率! startup②

前回の記事では、スタートアップという言葉がアメリカのシリコンバレーからきたものであると書きましたが、そのスタートアップが盛んなアメリカにおいても、約9割のスタートアップ企業が失敗しているようです。

  失敗原因のおよそは「約4割が市場ニーズがなかったこと」を挙げ、
「約3割が資金不足」「約2割がプロジェクト立上げのチームが原因」であったと言われています。
(出典:http://fortune.com/2014/09/25/why-startups-fail-according-to-their-founders/)

私たちは、デザイナーやディレクターという立場から多くの企業のプロジェクトやブランドの立上げに参画してまいりました。そして、共にヒット商品やブームを巻き起こしてきた経験豊富な仲間達もたくさんいます。それでも険しい道なのは確かですが生存率の高いプロジェクトチームをお考えの皆様、お気軽にご相談ください。

関連記事一覧

最新記事

アーカイブ