timeline

ブランディングデザインが、デザイン経営の軸に。

デザイン経営の軸となる戦略。ブランディングデザイン。

デザイン経営には、たくさんの戦略方法があります。その中でもブランディングは、デザイン経営の軸と言っても過言ではなく、とても大きな役割を持っています。ブランディングには、社外向けのアウターブランディングと、社内向けのインナーブランディングとがあり、それぞれ開発するべき内容は異なります。

アウターブランディングの場合には、顧客に対して視覚的にアピールするためのロゴやパッケージを開発したり、WebサイトやSNSでブランドの世界観を伝えたりと、写真や文字、色味などといった様々なデザイン要素を最大限に活用しながら、マーケティングの一部としてブランドの魅力を外部へと発信していきます。

それに対してインナーブランディングでは、社内向けに企業やブランド、商品に対する理解度の統一化を図るほか、社員をブランドや商品のファンにすることを目標として、ブランドの想いを共有する社員研修やワークショップなど実体験を提供するようなマーケティングを行うことが多いといえます。

アウターブランディングとインナーブランディング、一見するとあまり大きな関係がない異なるブランディング戦略のようにも見えます。しかし、お互いに強い相互関係があり、アウターブランディングだけを展開したり、インナーブランディングのみを行うよりは、どちらも並行して遂行することが、相乗効果による大きな結果へ結びつきます。

デザイン経営の観点から考えるブランディング戦略とは

それでは、このブランディングをデザイン経営の観点から考えてみましょう。デザイン経営としてブランディングを見ると、顧客やユーザーに対しては、企業やブランドが持つコンセプトやストーリーなどを含めた「想い」を発信することで、ユーザーからの反応を得ることができます。ロゴやパッケージなど視覚的に見えるデザインは、顧客へメッセージを発信する際には特定ユーザーへアピールしやすくなるという魅力がある他、ロゴやパッケージを目にするたびに顧客はブランドを思い出してくれるという効果が期待できるでしょう。つまりデザイン経営においては、視覚的なデザインが担う役割は大きく、デザイン次第でマーケティングの効果に大きな違いがあると言っても過言ではないのです。

このデザイン経営の中でも、
ブランディングに関する戦略は、ブランディングデザインと呼ばれています。

これは、主に企業のブランドや商品を理解して共感してもらうために、外部の顧客に対して行うアウターブランディングのことを指します。この「ブランディングデザイン」が成功すると、企業の経営にはどのようなメリットが期待できるのでしょうか。

ブランディングデザイン成功のメリット①

1つ目には、顧客の記憶に残りやすいというメリットがあります。企業やブランド、商品のロゴを、街頭やWebサイト、広告やSNSなどで目にするたびに、顧客はブランドを認知してくれるようになります。認知度を高めるという点と、記憶に訴えかけるという点においては、ブランディングデザインはとても効果的です。

ブランディングデザイン成功のメリット②

2つ目には、文字で顧客にアピールするよりも、デザインという視覚的な方法を使うことによって、より大きな効果が期待できるというメリットがあります。例えば広告を出稿する場合には、リスティング広告のように文字を使った方法で顧客にブランドや商品の良さを知ってもらうことも可能です。しかしブランディングデザインをすれば、ロゴやパッケージを含め、画像や動画など視覚的に顧客へ訴求できるでしょう。訴求力という点では、ブランディングデザインは広告効果という点でもプラスの効果が期待できます。

ブランディングデザイン成功のメリット③

3つ目には、言語や年齢に関係なく訴求できるというメリットがあります。文字によるブランディングでは、顧客の年齢や言語などによって、訴求力が大きく変わってしまいます。しかしブランディングデザインによって視覚的に訴求できれば、顧客の年齢や言語の違いなど、背景に関係なくどんな人に対しても高い訴求力でブランドをアピールできるでしょう。効果的かつ効率的な訴求という点においては、ブランディングデザインはおすすめです。

ブランディングデザインでは開発手順と効果的な媒体選定が重要に

それでは、デザイン経営の中でもブランディングデザインにおいては、具体的にどんな媒体を活用するのが効果的なのでしょうか?

企業が提供する商品やサービスの種類やターゲット層によって、どのような媒体が対象となるかは異なります。しかし一般的には、最初にブランドや商品のロゴを開発するのが得策でしょう。ロゴの開発では、VI開発の一環として商品のパッケージ開発も同時に行ったり、色やデザインに統一性を持たせながらパンフレットや紙面広告の開発についても検討することができます。また、社員の名刺に対してもブランディングデザインを生かすことによって、取引先へもブランディング活動ができるでしょう。

ブランディングデザインは、Webにも活用できます。例えばWeb開発をしたりSNSでマーケティングを行う場合には、色遣いやデザインに統一性が出ることを意識しなければいけません。ロゴやパッケージに使用した色やデザインを意識した上で、同系色を採用すれば、WebサイトやSNSに華やかさを持たせながらも、ブランドや商品のイメージに統一性を持たせられます。

ブランディングデザインを成功させるには、Web媒体、紙媒体、といった視点だけで考えるのはではなく、動画や空間、スタッフの接客やメールの文面に至るまで、経営的な視点でデザインもマネージメントしていく必要があり、その小さな積み重ねこそが軸となり、強固なブランドとなるのです。

あめとつち株式会社は、ブランディングデザインによる企業成長のサポートをしている会社です。
デザインからマーケティングまで幅広い観点から課題解決を行っておりますので、お困りごとがある際にはぜひ私たちにご相談ください。

関連記事一覧

カテゴリー

  • カテゴリーなし

最新記事