timeline

ロゴのチカラ

最近では雛形のままロゴマークを低価格で”販売”している業者がいたり、経営者が自分でアプリやデザインソフトを使って制作してしまうという事もよく聞きます。
こういったロゴマークは果たして“会社の理念”や“想い”を形にできているでしょうか?

”ロゴマークを販売する”というのは、ブランディング・デザインを行っている私たちからすればとんでもない話です。
(ただし、なんとなく形だけでつくっているデザイナーが多くいることにも問題はあります)

今後何十年も〈会社の顔〉となり続けるロゴマークを、形だけで選んでしまうのは非常にもったいないことではないでしょうか?

「もし、世の中にロゴマークが無かったら??」


上記の表をパッと見た時、混乱しませんでしたか?
これでは企業イメージも何も伝わってきませんよね。

では、こちらはどうでしょうか?

表をパッと見た時に、「あの会社だ!」とスグに分かりませんでしたか?
同時にそれぞれの企業に対するイメージが一瞬で頭に浮かんできたのではないでしょうか。
これがロゴマークのチカラです。

企業・ブランドの「人柄」とも言える佇まいを色やカタチ、書体とのバランスを細やかに設計することで唯一無二の表現へと昇華します。

あめとつちでは、企業・ブランドの思いや理念をしっかりと浸透させるロゴデザインを得意としています。
詳しくはこちら

関連記事一覧

最新記事