timeline

ユーザーとブランディングの関係

ここ数年で、ブランディングやブランド開発のお手伝いをする機会がとても増えました。中にはいきなり「ブランドをつくりたいんです」、「ブランド感のあるデザインをしてください」など、神様にお願いするようなご相談内容や「カッコいいデザイン=ブランド」といった間違った解釈をされているようなご依頼も多く、本日は少し解説いたします。

まず、ビジネスに有効なブランディングとは?
「ユーザーとブランドが、良い関係値を築けていることが最も重要です。」どう言うことかというと、、、
そもそも、ブランドとはユーザーの頭の中にある印象のことであり、まずはそこに存在する必要があります。いわゆる認知ですね。そして、その中には選択肢という競合が存在します。ビジネスに於ける強いブランドとは、その中のシード権をいつも握っているというような状態です。ユーザーの選択肢の中でいつも決勝トーナメントに残っているようなブランドは強いブランドですね。

なので、残念ながらデザインを統一したから「ブランドが出来ました」ということや、「カッコいいデザインだからブランドです」という解釈だけでブランド構築をしてしまうと、ユーザーを無下にした判断になってしまいます。

関連記事一覧

最新記事