timeline

ブランディングによって確立する「ブランド力」とは?

ブランディングによって確立する「ブランド力」とは?

デザイン経営では、ブランド力を高めることを目標とする事が多いものです。ブランド力が高まれば、多くのユーザーからブランドや商品について理解してもらえて、認知性が高まるでしょう。また、実際にそのブランドを利用した顧客に満足を提供できれば、企業やブランドへの信頼性にもつながります。その結果、このブランドなら信用できるという理由で、競合他社の商品やサービスではなく、自社のものを選んでもらえるというメリットとなります。

ブランド力

そもそも、ブランド力とは何のことなのでしょうか?ブランドが持つ力だと理解することは難しくありませんが、具体的にどんな力なのかをより詳しく理解することは、デザイン経営においては役立ちます。

ブランド力とは、商品やサービスなど、そのブランドから提供される物に対して、ブランドという名前が持っている価値のことを示します。ブランドには、ブランド名がついているだけでなく、ロゴやパッケージなど、ブランド名を聞いて視覚的にイメージする人も少なくありません。そのため、ブランドには、ブランド名やロゴなど、幅広い媒体が含まれると考えられます。

それでは、ブランド力を高めるためのデザイン経営においては、具体的に何を目標として開発や戦略を行ったらよいのでしょうか?ブランド力アップを目標としたデザイン経営では、ブランドに対する信頼とブランドが持つ価値という2つの強力なイメージを顧客へ提供することを目的とします。この2つは、顧客がどのブランドに対して必ず持つもので、日常の体験の中で培われるという特徴があります。

「以前このブランドを使ってみて、とても満足した。だから今回もこのブランドの商品を使ってみようかな。」とプラスのイメージを与えることは、ブランド力を高めるうえでは理想的なゴールと言えるでしょう。しかし一方で、「このブランドは以前使ったことがあって、使い勝手や機能性がイマイチだった。しかも品質に対して割高感もある。だから今回は、別のブランドを選ぼう。」というマイナスのイメージを顧客が持つことは、ブランドとしては好ましくありません。

ブランディング

ブランド力を高めるためには、ブランディング戦略が必要不可欠です。ブランディング戦略は、ブランドや商品がターゲットとする特定のユーザー層に対して集中的にアピールするマーケティング戦略のことで、ブランドのロゴやパッケージなどは、ターゲット層に合わせて開発していきます。

ブランディングにおいては、価格設定も大切な要素の一つとなります。企業が手掛けるブランドや商品は、市場には競合他社が複数ある場合が少なくありません。顧客は、ショッピングの度に複数の商品を比較検討するわけですが、その際にはコスパもチェックするでしょう。上記のように、品質に対して割高感があるというイメージを与えてしまうのでは、顧客は次に同じブランドを購入したいとは思わないのではないでしょうか。そうした事態を避けるには、ブランドや商品の強みをアピールしながらも、市場に存在する競合他社の類似商品をリサーチしながら、適正価格を見つけなければいけません。

ただしブランドや商品によっては、必ずしも低価格であればよいというわけではありません。ハイエンドブランドなどは、品質とブランドが持つ高級なイメージに顧客が賛同するからこそ、それに見合う価格を支払います。ブランドが持つイメージと品質、そして価格のバランスが取れていることは、ブランディングによって顧客から期待通りの反応を得るためには、必要不可欠な要素です。

ブランディングによって、顧客を引き寄せる効果が期待できます。近年では、ユーザーの嗜好が多様化しており、ユーザーのニーズを満たせる商品やサービス、そしてユーザーが共感できるブランドや商品が多く選ばれる傾向があります。多くのユーザーが欲しいと考えている商品で、世界中に全く存在せず、自社の商品が世界で一つだけ存在するのなら、ブランディングを行わなくてもユーザーからのニーズが高いために、高いブランド力を手にすることができます。しかし、多種多様な商品やサービスが存在する昨今においては、競合他社がゼロという可能性は稀です。そのため、数ある競合他社と比較検討をしながら、自社商品やサービスの独自性や唯一無二の価値をアピールし、ユーザーのニーズに訴求するブランディングが必要なのです。

適切なブランディングを行うことで、ブランド力を高めることができます。しかしブランド力は常に変動するものなので、期待通りのブランド力を達成したからと言っても安心はできません。ブランディングにおいて企画や開発、そして運用が必要なように、ブランド力の維持に関しても、運用という作業は必要です。ブランド力は、ユーザーからの評価によって変化します。商品やサービスに対するユーザーからの声を取り入れながら、価格調整や商品開発に活かし、「やっぱりこのブランドは安心できる」という固定イメージを顧客に持ってもらうための努力と工夫は大切です。近年では、ネットを使ったアンケートなど、ユーザーの声を吸い上げる方法はたくさんあります。ブランド力を高めるためには、ブランディングを行いながらたゆまぬ調整作業を継続して行いましょう。

→あめとつちのブランディングサービスはこちら

関連記事一覧

最新記事