timeline

コロナ禍の逆境を力に変えるデジタル化

全国での感染が落ち着きを見せるなか、多くの企業が活動を再開し、ようやく冷え込んだ景気にも回復の兆しが見え始めてきたのではないでしょうか。一方、東京都では再び感染者が増える傾向にあり、再拡大の懸念も、まだまだ消えずにいます。そして、前代未聞のマイナス成長が続くなか、行政機関による「デジタル化の遅れ」や「不慣れな対応」が問題となっています。これは私たち小さな企業にとっても、同じであり、これからの対策や備えを考えざるを得ません。この「withコロナ時代」を見据え、今までデジタル感度が低かった企業も「変わらないといけない」環境になってきます。

そこで、今回はコロナ禍のなか小さな企業はデジタル化をどのように進めていけば良いのかを少し解説いたします。
まず、デジタル化の中でも、急速に身近になったのがネット会議などのオンライン化ではないでしょうか。そして、このオンライン化とは何を指すのか?多くの企業が実施している主な目的を少し整理してみましょう。

<Withコロナ時代のオンライン化とは>
・仕事がオンラインで完結すること
・オンラインへ移行できる仕事の比率が高くなること
この2つを目指すことが大切です。これは、今まで行なっていたBeforeコロナのような「対面・オフライン・接触・蜜」となる業務をWithコロナの新しい生活様式に合わせ可能な限りオンラインを活用しながら、「非対面・非接触により蜜を避ける」よう、業務デジタル化の推進をしながら、効率よく高めることを目的としています。 そして、今後はこの流れが一層加速すると考えオンライン化・デジタル化は避けられないわけです。 このように時代の変化に適応できない企業は、どんどん厳しい状況に陥ってしまいます。 そして、もう一つ大切なのは、第2波や第3波を警戒し、いまのうちにオンラインの環境を整備しておくことも大切です。

<整備の際に注意しておく2つのポイント>
1.まず、注意しておきたいのは「社外へ向けたもの」と「社内へ向けたもの」の2つの視点で環境整備を見直しておきましょう。この両輪からデジタル化へ向けた業務の見直しや、オンラインを取り入れた新しい仕組みを考えます。 例えば、社外向けであれば、オンライン会議ツールを使って商談をしたり、セミナーをオンラインで開催し、見込み顧客を集めたり、Webサイトから「申し込みや問い合わせ」ができるよう「デザイン」や「システム」をリニューアルするということも考えられます。 また、社内向けのデジタル化では、働く環境の整備を含めた対策が重要となります。例として、社内のコミュニケーションがおろそかにならないようにビジネスチャットを導入したり、事業のブランド価値を体現した研修用のオンライン動画を制作したり、ホームページの運用を社内で行えるようにするということが考えられます。もちろん、セキュリティへの配慮も必要です。

2.そもそも、業務見直しや新技術導入を必死で進めても、「使っているシステムやデザインが古いままだと」効果がいまひとつになる。
このようなことが起きてしまうと、運用などの維持費用が高くなり、経済損失が生じる可能性もあります。これは、問題を長年放置していた企業に多くみられる傾向で、急速にデジタル化・オンライン化を進めると様々なトラブルが伴うということも注意しなければなりません。

例えば以下のようなケースは注意が必要です。
・そもそも使っていた環境が古すぎて、その古いシステムが原因で障害が発生し余計な損失が生じるケース。
・単に従来の業務をオンラインに変更したに過ぎず、強引に進めてしまうと、多くの従業員が慣れない環境となり、逆に生産性が下がり、経済損失が生じるケース。
・仕組みや環境を時代に合わせオンラインへシフトしたが、肝心の商品やサービスがオンライン向きでないケース。
・時代の変化へ合わせ、商品や販売をオンライン化したが、肝心のデザインやマーケティングを見直さないケース。
また、この変革によってデジタルスキルの格差も、さらに拡大しますので、デジタル化に不慣れな中小企業は、まず専門家に相談してみるなど、早めの対策を打ち、少しでも不要な出費やトラブルを軽減させるための準備をしておくことが大切です。

最後に、この苦しい時期でのデジタル推進への投資は、「未来への投資と考える良いタイミング」かもしれません。そして、変化が激しい時代に生き残るのに必要不可欠な投資を削るのは、寿命を削るのと同じことでもあり、新しい技術を取り入れるのと現在のシステムを見直すのはどちらが欠けてもうまくいかないものです。「いつかはやらなくては」と思っていても、なかなか前へ進みません。一歩ずつ、少しずつ、デジタル化への整備を考えてみましょう。

関連記事一覧

最新記事