timeline

そもそも、ブランディングとは

「ブランディングが大事!」こんな言葉を聞く機会も増えてきたのではないでしょうか?
また、最近では様々な企業や団体がブランディングを解説していますが、ブランドとブランディングを混同してしまっている方も多いように感じますので、ここで解説いたします。

そもそも、ブランディングとはブランドを構築するための「長期的な活動」をさします。
また、ブランドとは会社や製品など「個に抱く知覚(イメージ)」の総称です。

簡単に言えば、お客さまの頭の中にある会社や製品などに対する印象です。
それらのうち、言葉で表現できるものをブランド名といい、言葉で表現できない記号をデザイン化したものがブランド・マークといわれるものです。
そして、ブランディング計画の際にも、ここがあいまいだったり、少し使い方を間違えるだけで全く違った意味や解釈を生んでしまうのです。

あめとつちではブランドのデザインから、年間の施策や整理・運用を中長期的な視点で行い最適なご提案をさせていただいています。
また、設立まもない企業様をサポートする「スタートアッププラン」など予算や目的に応じた様々なプランをご用意しています。
ブランディングを加速させる多彩なプラン

ご相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

関連記事一覧

最新記事